ブログやるならJUGEM
 
<< 日本になぜキリスト教が根づかないか・・・ | main | イタリア 小さなまちの底力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.04.19 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
仕事の悩みのほとんどが解消された(あとはやるだけ)
レビューというフォーマットがあったのですね。
まだまだブログビギナー

これを読んで救われました。
最近の仕事上の悩みのほとんどがすっきり解けました。
人に伝えるという部分と筋道がたった自分の考えを組み立てるという両方が解決。
上手にできる人とできない人がいるのではなく、トレーニングすれば自分も身に付くという事実が嬉しい。あとは実行するだけ。

何より好感がもてるのは、単なるコミュニケーションのツールやノウハウの紹介ではないというところ。
自分が心から伝えたいという嘘偽りない気持ちとそれに根ざしたメッセージがあり、
伝えたい相手がいて、間違いなく相手に伝わるようにするにはどうしたらいいのか、
という自分の気持ちの根っこの部分から大切にしてくれているので、とても素直に読めた。

意見というのは「問いに対する自分の答え」
自分の考えを掘り下げるのも、他人とのコミュニケーションでも、問いと答えとその理由を見つけることがスムーズさのポイント。

自分の考えを深めるには・・・
大きすぎる問題には自分が考えやすい小さな5W1Hの「Why」を探すこと。
問いを発見するトレーニング方法としては、新聞等を読んで他人の意見から問いを見つける
問いの幅を広げる方法としては、(個人→世界、過去→未来)と軸を広げること

他者とのコミュニケーションには
相手とまずは問いを共有すること
→問いがずれているとスタートがずれているからかみ合わない
スピーチの場合は、自分が伝えたいという動機をしっかりもった問いを選ぶこと
問いに対する自分なりの「決め」をして伝える
過去・現在・未来がつながる話し方をする(点ではなく、ベクトルで話す)
初対面の人とも、問いと答えと理由の観点から、その人にとって大切なことを把握できる
→相手の大事なポイントを理解し、理解していることを伝えると信頼関係が生まれる

問いと答えと理由を把握できると、他者のことも自分のことも理解できる。





【2007.02.17 Saturday 16:22】 author : hoshi-ai
| コミュニケーション | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2007.04.19 Thursday 16:22】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
素晴らしい、記事ですね。

こちらは人と信頼関係をつくるための最短方法をかいています。
| | 2007/02/26 11:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック